静物画を描く

ああでもない、こうでもないと消したり付け加えたり・・・[紙も付け足した)雑然としたけど、賑やかでいいのだと自分を納得させる。 もうここらへんで終わりにしたい。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊離することば

ソーリが自衛隊を「わが軍」と呼んでいろいろな議論を呼んでいる。 自衛隊はアメリカはともかく他の国たとえば中東の国々からみたら立派な「軍隊」に映るだろう。 よほどの情勢通ならともかく末端の兵士や市民はそんな区別はつけるまい。 それを自衛隊と呼ばざるを得なかった。 国内では自衛隊だが、海外に出れば軍隊というダブルスタンダード。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番組評

昨夜のテレ朝世界が驚いたニッポン、スゴ~イデスネ視察団。「9人の職人」 日本を支える技術の粋、海外プロも感嘆の声 という番組。 トンネルの点検、マグロ職人、キュウリの選別、大工、紙漉きなど9人の「職人」の仕事ぶりに 「視察団」と称する外国人が「ワンダフル!」「と「感嘆」するという趣向だった。 大工さんのコーナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あったかい・・・はずなんだからァ

おとといの観音寺の梅。 桜もそろそろ見ごろだろう。 テレビは連日「お花見情報」でにぎわっている。 前の晩からブルーシートを敷いて場所取りする新米社員さん。 まったくご苦労様だ。 酒を飲みながら見る桜はさぞ美しいのだろうけれど 私のような下戸にはよくわからない世界だ。 最後に桜の下で飲み食いしたのはいつだったかさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きずな きずなというけれど・・・

船橋市の高校教諭が生まれたばかりのウサギ5匹を生き埋めにしたという。 えー!?一瞬、嘘か何かの誤報だろうと思ったがそうではないようだ。 学校の近所では野良猫が繁殖して住民が困っているということだけれど、そのこととは直接は関係ないだろう。 「発見してどうしていいか、わからなかった」と・・・ そのことと、生き埋めとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府は沖縄の声を聴け

新基地をめぐって沖縄と政府の対立が先鋭化してきた。 海底調査が終わるまで工事を中止してほしいというという翁長知事。 沖縄とはすでに話し合いをへて合意を得ている、粛々と工事は続けるという菅官房長官。 しかし、前仲井真知事が知事戦に敗れ、基地反対派の翁長知事が勝ったという事実を政府はもっと厳粛に受け止めるべきだ。都合の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白い番組も

「へえ?!とか 「ほお!!・・・」とか 思わせる番組は少ないが 7チャンネルの「和風総本家」は面白い。 日本の名もない職人が作ったものを海外の職人が使い、その高い技術を認めあう。 ちょっと胸が熱くなる。 もう一つ。 日テレのTOKIOの「鉄腕!DASH島」もなかなか面白い。 きのうは石組みのアーチ橋に挑戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃屋

廃線とか廃墟とか そんなものが数年前からブームになっているらし。 長崎の端島、通称軍艦島は有名だ。 山奥の荒れ果てた昭和初期のホテルとか病院にわざわざ出向くファンがいる。 判らなくもないが手間暇かけてそんなところまで行く気はないけれど 近所にもいくつかそんなスポットがある。 何かの事情で主が手放し、何十年の風雨にさら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと冒険

変化を狙って赤いストライプの布を使ってモチーフを組んでみた。 画面に動きが出たように思う。 あまりストライプが多いとくどくなる。 その塩梅が難しい。                              F6 水彩 パステル
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生3月というけれど・・・

オバマ夫人が来日している。 2泊3日の日程で今日は京都観光だとか。 スラム出身の夫人、個人的には好感を持つけれど、安倍夫人と仲がいいらしい。 お互い、「つれあい」の所業のカムフラージュかと思えてならない。 なんだかなー・・・・ 3月 東京大空襲、東日本大震災、そしてサリン事件が話題にのぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんぶくろ池二日目

こんぶくろ池に加筆。水面を少し下げたら安定した。 完成と思ったけどこうしてみると手直したいところがいくつか目についた。 遠目にみると見えないところが見えてしまう。 中景の左側の茂みをもう少し描き込むと視線がもっと自然に遠景に導かれると思う。 手前の細い折れ曲がった立木をもう少し強調してもいいかも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森を描いてすこし元気。

絵手紙の会の木下さんからこんぶくろ池の写真をいただいた。 うっそうとした森の中のこんぶくろ池に一筋の木漏れ日が射している写真。 良く撮れている写真なので、絵にしてみようと思った。 気分はミレーやコローのバルビゾン派^0^ 今回はパステルでまず、大雑把に色をおいて様子をみる。 パステルは定着が弱いので、洗ったり、練けしで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野・東京ライン開通

♪ 上野は~おいらの~心のえき~さあああ 誰が歌っていたか忘れてしまったけれど、そんな歌があった。 中学を出て集団就職に上京した人の応援歌。 若いころ北海道に一人旅をして東北本線で帰ってきて上野に着いた時 心の底から帰ったなあ無事・・・と安堵したものだった。 中学で初めて友達と電車に乗った時も上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラを描く

ポツリポツリ、フェイスブックを始めた。 まだ、システムがよくわかっていなくて、友達承認てなに?共通の友達といわれてもなあ・・・・ な、感じで違和感もあるものの、やっぱりブログと違って反応がダイレクトなのがいいかな? 当分はこちらをメインにするつもりだけど 今日の一枚
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣きの春

花粉症を発症して数日たつが、涙目がひどい。 ハンカチで何回もぬぐうと目のまわりがカサカサ。目頭がやたらと痒く、いかんと思ってもこらえきれずゴシゴシと目の上からこすってしまう。鼻の中がむずむず痒く、鼻水がやたらと出る。 アタマもぼーっとして何にも考えられない。だるくて何もしたくない。 しかし、今日は恒例のスケッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんという・・・

ドイツからメルケル首相が来日している。 ドイツは福島に学んで2020年までに原発ゼロを目指す。 他国に学ぶ国あれば、自国のことなのに原発再稼働をたくらむ日本。 長い間敵対していた隣国フランスとの友情も取り戻したドイツ。 中韓に目もくれない日本。 同じ敗戦国で、この差は一体なに。 {{%げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レナードニモイ氏逝く

「宇宙、それは最後の開拓地、これは5年間の宇宙探査に出た宇宙船エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である」 というあの有名なナレーションではじまるアメリカの連続ドラマ「宇宙大作戦」 原題「スタートレック」のミスタースポックで有名なレナード・ニモイが先日亡くなった。 あの、耳がとんがったバルカン星人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第34回柊展の開始@柏

気合を入れて9時半には会場に。 すでに浅野さんはきていて・・・ まもなく出品者のみなさんが続々と。 10時55分、管理人の方の恒例の説明をうけ、その後一斉にそれぞれの展示作業。 自分の縄張りは決まっているので、慣れている人はさっさと壁に掛ける。 あとはほかの人の手伝いに入る。 作品の位置と間隔、傾き調整、スポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いくらもらえば満足なの

企業献金の話はとうとう安倍総理や民主の岡田代表にまで及んできた。国民の一人として納税者として、ここまでコケにされればもうたくさんだ。 なあんだ、みんな同じ穴のムジナだったのね   政治資金規正法には4つの抜け道がある。 ①「政治家がその事実を知らなかった場合」 ②「社団法人など通しての寄付の場合」 ③「当該企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方密着っていうなら・・・

昨夜の「鶴瓶の家族に乾杯」はゲストが大竹しのぶで宮城県の被災地でのふれあいだった。 道で出会った住民との立ち話から津波の話題になり、その男性がすぐ近くにいた老婆を助けられなかったこと そして、今でもあの日のことを思い出すと眠れない日があること。な離れて暮らす子供のこと。「前に進まなくちゃね」という言葉が心にささった。 まだまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more